インディアン・プレミアリーグ

インディアン・プレミアリーグ

今年の4月から、約2ヶ月間行われる、世界最高峰のトゥエンティ20方式のクリケットリーグ、インディアン・プレミアリーグ(IPL)の概要についてです。

開催期間

今シーズンは、2021年4月11日から、2021年6月6日まで行われます。

参加チーム

チーム名本拠地
チェンナイ・スーパー・キングスチェンナイ(タミル・ナードゥ州)
デリー・キャピタルズデリー(デリー首都圏)
パンジャブ・キングスモハリ(パンジャブ州)
コルカタ・ナイトライダーズコルカタ(西ベンガル州)
ムンバイ・インディアンズムンバイ(マハラシュトラ州)
ラジャスタン・ロイヤルズジャイプール(ラジャスタン州)
ロイヤル・チャレンジャーズ・バンガロールバンガロール(カルナタカ州)
サンライザーズ・ハイデラバードハイデラバード(テランガーナ州)

マップ

レギュレーション

レギュラーシーズンは、全8チームがホームアンドアウェー方式のリーグ戦で対戦し、上位4チームが決勝トーナメントに進出します。

決勝トーナメントは変則的な方式で行われ、まずはレギュラーシーズンの1位と2位が対戦(1)し、勝者は決勝へ進出します。(1)の敗者は3位と4位との対戦の勝者と準決勝(2)を行います。(2)の勝者と(1)の勝者が対戦し、勝利したチームがシーズン優勝になります。

選手の契約・獲得

IPLに所属するチームは、選手を獲得する手段は3つあります。

・各年度での選手オークションで獲得
・取引期間中に他のチームと選手獲得の取引をする
・出場できなくなった選手の交代要員として契約する

プレーヤーオークションは、毎年開幕から約2ヶ月前に行われます。オークションにリストアップされる選手はサインをし、基本価格を設定します。そして、8チームの中で、最も高い値段をつけたチームが獲得します。

取引期間中での移籍は、各チームの選手に移籍の意志がある場合に行われます。その取引が可能とされる時期は、オークション前、オークション後、シーズン開始前になります。

また、取引期間中以外では、選手は獲得することはできませんが、交代要員として、オークションで売れ残った選手の中から獲得することができます。

チーム構成のルール

チーム構成にあたってのルールはこちらになります。

・メンバーは18〜25人まで
・外国籍選手は最大8人まで獲得が可能
・外国籍選手の出場は4人まで
・チーム全体のサラリーキャップが、8億5000万ルピー(約12億円)が上限
・19歳未満の選手は、ファーストクラスかリストAの経験が必要

「ESPN The Magazine」の2015年の調査によると、比例配分されたIPLの給与は年間433万米ドルで、世界のあらゆるスポーツリーグの中では2番目に高いという結果が出ています。IPLは2ヶ月弱の短期契約なので、選手が単一のチームで契約される他のスポーツと異なり、年間で受け取る金額として計算されています。

賞金

IPLは2019年シーズンには、合計5億ルピー(約7億2600万円)の賞金を出し、優勝したムンバイ・インディアンズは、2億ルピー(約2億9000万円)を獲得しました。2位には1億2500万ルピー(約1億8100万円)、3位と4位には8750万ルピー(約1億2700万円)が与えられました。5位以下のチームには賞金はありません。

IPL規則では、賞金の半分は選手に分配しなければなりません。

アワード

オレンジキャップ

シーズン通して、最もラン数が多い選手に与えられる賞。

パープルキャップ

シーズン通して、最もウィケット数が多い選手に与えられる賞。

MVP

シーズン終了後に発表される、IPLの最優秀選手。